当たる電話占いサイト大公開!電話占い口コミ・比較!!

運命を変える一本の電話。当たる電話占いサイトを一挙公開♪

 ›  祈祷・祈願

祈祷・祈願

みなさん、祈祷と祈願の違いを知っていますでしょうか?

似ているようで勘違いしがちな占いジャンルに感じるかもしれませんが、実はどちらも特徴的な違いがあります。

祈祷は神仏の力によって多くの人々を守り助け、言葉によって除災増福を祈ることです。

主に、自分のチカラでは解決できないことをお願いしてもらい、祈祷師、神官、僧侶を介して行います。

一方、祈願では自身の目的の達成に向け成就するよう、神仏の力を借り、祈り願うことといわれています。

祈祷では専門的な立場の人を介しての行為になりますが、祈願では自分自身の本位に基づく行為となります。

わかりやすくいうと、祈祷は他力本願で祈願は自力本願というイメージです。

なので、占いに対する関心がない人でももしかしたら無作為に祈願しているひとは圧倒的に多いのかもしれません。

どちらも共通していえるのは神仏に縋るという現象です。

どうすることもできなかったり、どうしても叶えたいという願いを祈祷や祈願で解決させます。

なかには霊能者や占い師による祈祷を受け、恋愛と仕事を一挙に開運することができたという人や人生を劇的に変えることができたという猛者もいるほどです。

現在、当たると評判の占い師や霊能者へ向けた祈祷・祈願の相談が増えています。

どちらも相談したことがありますが当たる祈祷、当たる祈願を体験することができ今に至ります。

どちらも、占いに関する知識が少なくても気軽に溶け込める占いジャンルではないでしょうか?

実際、当たるか当たらないかは自身による行為の力量だと私は思います。

そこには多少の運まかせな部分もあるかもしれませんが、万が一、達成できた場合には当たる体験をすることができたということになります。

どちらも行為について重要なことは強く念じることです。

そのことが毎日続くことにより、行動力に反映し、願いが叶う道筋となっていくからです。

そのことにより開運につながることができます。

効果が表れるまでの時間は長短あるかもしれませんが、担当した祈祷師や祈願した場所の技能次第となります。

なので、長年必死に思い続け願って成就できないこともありますが、それは最初の段階で自分と

依頼した側との相性が合わなかったことと考えられますね。

このことから、最初の依頼による選定には充分なリサーチが必要です。

不幸なことが連続している人については、開運へ導く祈祷・祈願をいぜひ一度依頼してみるべきだと思います。

▲トップに戻る

口コミ評価急上昇 当たる電話占い!!