当たる電話占いサイト大公開!電話占い口コミ・比較!!

運命を変える一本の電話。当たる電話占いサイトを一挙公開♪

  1. 当たる電話占い口コミ・比較
  2. ルーン

ルーン

ルーン占いは古くから存在する「ルーン文字」という北欧の古代文字を使った占術です。

占いを日ごろから好んで利用する人を除いて、その概要を知っている人は少ないのではないでしょうか?

昔の人は石や木片に刻み、その時の環境や状況、気持ちなどからその選んだ文字が訴えるメッセージや意味を解釈していました。

現在ではそれをカードで代用することもあります。

ルーン占いは「エルダーフサルク・アングロサクソンフサルク・バイキングフサルク」の三種類がありますが、今回は一番一般的な24文字からなる「エルダーフサルク」の説明をしていきますね。

先の説明でルーンは古代文字であると説明しましたが、厳密に言うと私達が現在日々の生活の中で使うような「言葉」とは少々用途が違ったようで「何かの象徴」というような使い方をされていたと考えられています。

私達の身近なもので考えるとしたら、マークで意味を示す「標識」などが近いものとして挙げられます。

ルーン占いはこの意味を込められた文字によって答えを導き出す占術になります。

ルーンを使った占いは大きく二つに分かれます。

まず「キャスト」という方法。

キャストは9本の木の枝をキャスティングシートと呼ばれる白い布に放り投げ、シートの中に収まった枝の形の中でルーンの文字を探し、その文字の意味から自分自身の問いに対する答えを探しだすという方法だそうです。

そしてもう一つが「スプレッド」という方法。

日本で言うルーン占いの多くはこちらを指します。

スプレッドはルーン文字が刻まれた石、或いは記されたカードを使います。

ここではカードでのスプレッドの方法を紹介しますね。

この方法では引く枚数によって意味なども異なってくるのですが、今回は一番シンプルな「シングルルーン」について説明します。

占いが出るまでの過程は非常に簡単です。

カードをよくシャッフルし、その中から好きなカードを選びます。

その引いたカードに記された文字が占いの結果になります。

他にも引くカードの枚数によって出てきた順番で意味合いが変わってくるものなどがありますが、どちらにしても難しいものではありません。

「こんなに簡単な方法だったら自分でも出来る」と今心の中で思いませんでしたか?

それが実はそういう訳ではなく、大事なのは出たカードの意味をより的確に深くまで見ることが出来るかどうかという点なんです。

よく占いでは当たる、当たらないというところを重要視しますが、まさにその当たるかどうかというところに直結するのがこの部分になります。

私の簡単で下手な説明でもある程度分かると思いますが、占術自体は非常に簡単なもので、誰にでも出来てしまうと思います。

しかしだからと言って誰でも当たる占いが出来るのかと言われればそうではありません。

このルーンを用いた占いで当たる占い師と呼ばれる先生は例外なく、その文字の意味を深くまで読み取ることが出来る先生だと言えます。

そして深く読む為には相談者の気持ちをしっかりと理解する必要があります。

即ち、相談する側と相談を受ける側の信頼関係が非常に大事な占術なのではないでしょうか。

ルーン占いは一世紀頃からその原型となるものが存在していたと言われていて、逆に考えればそれだけ古くから、今現在に至るまで語り継がれている占術です。

その長い歴史がその力とその価値を証明しているのではないかと思います。

ルーンでの占いをお考えの方に忘れないでほしいのは、心を閉ざさないこと。

初めて話す人に心を開くことはとても勇気のいることだと思います。

しかし占いが当たることを求めるのであれば、問題の解決を望むのであれば、その勇気を出した一歩を踏み出すことで運命は大きく変わります。

偽りの言葉では何も解決することは出来ません。

心を開いて対話し、心と心が繋がったその時にはルーンが導いてくれる。

そういうことなのでしょうね。

▲トップに戻る

口コミ評価急上昇 当たる電話占い!!