当たる電話占いサイト大公開!電話占い口コミ・比較!!

運命を変える一本の電話。当たる電話占いサイトを一挙公開♪

 ›  水晶

水晶

占い師と聞いて、思い浮かべるイメージは何ですか?

黒いベールを被って、愛でるように水晶に手をかざす魔女的なイメージが浮かんだ人もいるのではないでしょうか?

水晶占いで当たると有名な占い師は大勢いますが、日本よりも海外の方が比較的多いように思います。

また、占い師によって鑑定の進行方法や結果の伝え方が様々なのも特徴です。

そんな水晶占いですが、夢占いやカード占いのように簡単に始められる占術ではありません。

まず水晶を用意する事も必要ですが、

それ以上に、特別な力や技術が必要になります。

それは鋭すぎる直感や、水晶で何かを見る為の技術です。

水晶占いには大きく分けて二つの占い方があります。

一つは『スクライング(scrying)』という技術を使って、遠くの映像や視えるはずのない映像を、完璧ではないにしろ具体的に水晶の中に浮かび上がらせるというもの。

これを行うには特別な才能や力が必要となるため、実際に行える占い師は限られています。

スクライングという技術は水晶占いだけではなく、宝石、ガラス、水など、光を通したり反射屈折させる物で行う事が多いとされています。

そしてこれは道具を使った「透視」とも言えます。

物語や映画で、水晶や鏡などから情報を得ようとしている場面は、このスクライングをしている場合が多いですね。

そしてもう一つの方法は、水晶に写された物や暗示、そして光の変化からその人の運命や今後起きる事を占う方法です。

一般的に水晶占いとは、こちらの方法を指します。

この方法がスクライングと違う点は、写されたモノを読みとる力が重要な技術だという事。

暗示や“何か”を水晶に浮かび上がらせ読みとる為に、

とにかく集中して水晶を見つめ続けたり、

自己催眠を行ったり。

前述したとおり、占い師によって鑑定の進行方法や結果の伝え方は様々です。

また、より自分の力に合わせる為に水晶ではなく、他の宝石を使う占い師もいます。

多種多様な水晶占いですが、当たる占いだと納得できる体験する為にはどうしたらいいのか気になりますよね。

それはにはまず、占い師が視る「水晶に写されたもの」は物理的な光ではない事を理解する事。

そして、個人の特別な力(インスピレーションや透視)で結果を映し出すのか、映し出されたモノをどのように解釈し結果を導き出す占い師なのかを見定める事です。

もちろん水晶占いに対しての熟練度も大切な要素になると思います。

水晶占いには、生年月日を使う占術のように「図や式」のようなものは無く、当たる精度を高めるには訓練や経験を積み重ね、さらに考察・実証を繰り返すしかありません。

結果的に当たる占い、大まかな流れが当たる占い、人によって「当たる占い」の範囲や基準は微妙に異なると思いますが、

水晶占いを選ぶ際には、その占い師が他に使用している占術がどのような種類なのか、参考にすると良いかもしれません。

▲トップに戻る

コミ評価急上昇 当たる電話占い!!